白洲プロフィール白洲プロフィール

中本白洲
中本 白洲HAKUSYU NAKAMOTO

1948年8月6日 愛媛県松山市畑里生まれ。

石橋犀水に師事。書道家として活躍しながら、毛筆フォント開発を多数手掛ける。
Products of Japanにて作品が紹介されるなど、日本のみならず世界に書を発信し続けており、書道家の草分け的存在。NHK教育テレビ「100分で名著」へ過去4回の出演やテロップや題字揮毫のほか、テレビ番組や雑誌などメディア掲載の実績も多数。
このほか、数多くの酒ボトルラベル用の揮毫作品や、ペン字学習ソフトの開発など、幅広く活躍している。多くの人にとって「書」がより一層身近に感じられるよう、日々考察・発信している。

主な経歴と開発したフォント主な経歴と
開発したフォント

1970年6月 日本書技研究所として書道指導スタート
1971年8月 毛筆に係わる筆耕サービスの開始
1980年4月 日本書道藝術院(院長:大渓洗耳)にて篆刻講座担当
1997年7月 株式会社リコーと毛筆フォント製作の依頼により字母の揮毫開始
1998年9月 株式会社リコーより初版にHG白洲毛筆太楷書を発表
1999年8月 マイクロソフト社との業務提携のため株式会社に変更して㈱日本書技研究所に改名
2000年8月 株式会社日本書技研究所の創立
2001年11月 株式会社紀伊国屋書店にて中本白洲揮毫の「筆文字鏡」刊行、株式会社エーアイ・ネットにてデータ化 。約7万文字を1年で揮毫する
2002年4月 マイクロソフト社はがきスタジオソフト提供で提携
2002年8月 NSK毛筆フォント制作部門の設置と開発着手
2003年7月 自社開発NSK白洲賞状書体を初版として発表
2003年9月 NSK白洲毛筆行草書発表
2003年12月 NSK白洲毛筆太楷書葉発表
2004年4月 自社開発NSK白洲賞状書体を初版として発表
NSK白洲手本ペン行草発表
NSK白洲手本ペン字楷書体発表
NSK白洲毛筆宛名楷書発表
2004年6月 武蔵システムとNMフォントの共同開発スタート
2004年10月 NM白洲毛筆行書・武蔵システムと共同開発
NM白洲隷書・武蔵システムと共同開発
2005年1月 NM美由樹楷書・武蔵システムと共同開発
2005年2月 NM白洲欧陽詢楷書・武蔵システムと共同開発
2006年4月 NM小山行書・武蔵システムと共同開発
2007年4月 NM白洲顔眞卿楷書・武蔵システムと共同開発
NM白洲欧陽詢楷書・武蔵システムと共同開発
NM北田竹邨毛筆書体・武蔵システムと共同開発
2009年4月 武蔵システムから『賞状印刷』ソフトNSK白洲賞状書体W1が標準フォントに設定される
2011年1月 NSK高野切第一種かなフォント発表
NSK高野切第三種かなフォント発表
NSK和漢朗詠行成かなフォント発表

その他の活動その他の活動

お酒ラベルの主な揮毫作品

  • 諭吉泣かせ [大分]諭吉泣かせ [大分]
  • 蔵の声 [新潟]蔵の声 [新潟]
  • 越乃花霞 [新潟]越乃花霞 [新潟]
  • 蔵の光 [新潟]蔵の光 [新潟]
  • 雪華寒中梅 [新潟]雪華寒中梅 [新潟]
  • 冬将軍 [新潟]冬将軍 [新潟]
  • 船岡山 [新潟]船岡山 [新潟]
  • 山鶴 [奈良]山鶴 [奈良]
  • 長者盛 [新潟]長者盛 [新潟]
  • 蔵の心 [新潟]蔵の心 [新潟]
  • こんこん [宮城]こんこん [宮城]
  • 蔵の音 [新潟]蔵の音 [新潟]
  • ふくふく[宮城]ふくふく [宮城]

その他